SLAPPY
 2006.9.24 in 草津
             グリーンスタジアム

 1  2  3    5  6   くじ
SLAPPY  0    2  2  0  6
EAGLES     1    1  0    6

 後期最高のスタートを切るため、そしてユニヴに向かうため、3連覇を目標に掲げ臨んだ草津カップ。決勝戦の相手は、同じ火曜リーグ所属のスラッピー。ライバル関係にある両雄が草津カップの決勝であたったのも、今思えば何かの縁だったのかもしれない。最高の好敵手との決勝戦。ここで勝ってこそ悲願達成、もちろん負けることなんて考えていない。
 イーグルス先発は小西。立ち上がりこそボール球が先行するものの、決め球を外角に集め無失点。まずまずのスタートを見せる。打線は初回、小林の内野安打と石貫の送りバントで1死2塁。小西が倒れ2死となり4番・鈴木。2ストライクと追い込まれた3球目を左中間に運び、どうしても先制点がほしい場面でタイムリーツーベースを放つ。先制して一気に勢いづきたい、早く追加点を取って楽になりたいところ。
 しかし3回表。この回の先頭打者に四球を出すとすかさず送りバントを決められる。続く打者に四球を選ばれ、1死1,2塁のピンチ。ここで、相手3番打者に2ボールから甘く入った球を左中間に運ばれ2点を失う。先に追加点がほしかったが、逆に点を取られてしまう。なおも1死3塁のピンチが続くが、後続を内野ゴロ2つに仕留め最小点差でこの回を終える。
 逆に追う立場になったその裏。1死から石貫がレフト前にポテンヒット、さらにボールをはじく間に2塁を落としいれる。小西の進塁打で2死3塁となって再び鈴木。サードゴロに打ち取られるが、ファーストが落球し、意外な形で同点に追いつく。
 同点となった4回表。先頭打者にヒットを許すと、すかさず2盗3盗を決められ無死3塁とされる。ここで相手代打に左中間へ打たれ勝ち越され、さらにセンター小林が被っている間に3塁に進まれる。2死までこぎつけるが、1番打者にレフトオーバーを打たれ2点差とされる。
 その後、お互い三者凡退に抑えられ、時間的にも最終回となりそうな5回裏。もはや攻撃しか考えていないイーグルス打線は、先頭の大橋が初球をたたきツーベースヒットで出塁。さらに小林がライトにエンタイトルを放ち1点差、勝利への執念を見せる。1死2塁から3番小西、初球をライト前にはじき返し同点。自らの同点打で再び試合を振り出しに戻す。
 同点止まりで5回を終了。運営の協議の結果、1イニングのみ、無死満塁のタイブレークへと突入する。今期タイブレーク2回目の小西−本田バッテリーは、先頭打者を三振、続く打者の初球のエンドランを見抜き2死2・3塁にこぎつける。0点で凌げると誰もが感じた1ストライクから2球目。小西の投じたストレートは、本田の頭上を越え、バックネットに突き刺さる大暴投。さらにエラーも重なり2失点で攻撃に移る。
 最低でも2点取らないといけない打線は5番・永井。出来れば無死のままつなげたい場面であったが、なんと相手バッテリーにもミスが出て1点を返し、無死2,3塁となる。一気にサヨナラの期待が高まる中、追い込まれた2−2からの5球目を打ち返すもセカンド正面。続く本田が敬遠され満塁とすると、代打・葛原。前日のようにヒーローになるかと思われた初球、頭部に死球をくらい何もせず同点。勝負の場面に笑いの神が舞い降りた瞬間であった。後続の代打・中野、大橋が打ち取られたため、タイブレークでも決着がつかず同点。勝敗はくじ引きにゆだねられた。
 結果は5−4でイーグルス。くじの結果を聞き、優勝が決まった瞬間、イーグルスナインがその場で喜びを分かち合った。このくじの結果は、みんなでつなぎ、最高の雰囲気の中で試合ができたことに対する、野球の神様からの贈り物だろう。これで2冠目である。
 3連覇。上2代から引き継いだ記録とプレッシャーを、次の世代につないだ大会となり草津カップは幕とじた。

inserted by FC2 system