Black Beers
 2006.9.24 in 草津
             グリーンスタジアム

 1  2  3    5  
EAGLES     0    1  5  0  6
Black Beers     0    0  0    1

 2日連続の試合となった草津カップ準決勝。相手は、これまた土曜リーグ所属のブラックビアーズ。今シーズン2勝1敗と勝ち越してはいるものの、トーナメントだけに油断はできない。直後の決勝につながるいい勝ち方をするため、朝一から気合十分で試合に挑むイーグルス陣。
 初回の攻防は、両チームともに先頭打者がヒットで出塁するが得点にむすびつけることができない。2回表、先頭の吉井が四球で出塁すると、本田・木幡の連続安打で無死満塁のチャンスをつくる。ここでバッターは8番瀬古。前日の汚名を晴らしたいところだが見逃し三振。後続も打ち取られ、先制の絶好のチャンスをものに出来ない。
 先発の浅野はランナーは出すものの、併殺や本田の盗塁刺などバックの守備に助けられテンポのいいピッチングを見せる。打線がそれに応えたのは3回。石貫・小西の連続安打と鈴木の進塁打で、1死1,3塁と再びチャンスをつくる。ここで5番・吉井の内野ゴロの間に石貫がホームインし、待望の先制点をとる。4回には、浅野のタイムリーや石貫のタイムリーツーベース、岡田の振り逃げで追加点をあげ、一気に試合を決める。
 最終回、1死から死球とヒットで1,2塁のピンチを招くと、ゲッツー崩れの間に1点を返される。しかし、浅野が最後の打者をピッチャーゴロに打ち取りゲームセット。チャンスを活かせないイニングがあったものの、終わってみれば完勝で、3年連続の決勝戦進出を決めた。
 MVPは、打っては2安打、投げては自責点0の浅野。今シーズン、浅野はブラックビアーズに対して12イニングで2失点・自責点0と、お得意さまになったようである。

inserted by FC2 system