1  2  3    5  6  
DYNAMITES  0    0  0  0  0
EAGLES     0    0  0   X  1

DYNAMITES
 2006.3.17 in 二見町営G

 カレッジリーグ最終日。前日の雨は止み、グラウンド状態もかなり回復したものの、強い潮風のおかげで前日よりの体感気温は低くなった。準決勝の相手は、こちらもBKC所属のダイナマイツ。前年のBKCシリーズの雪辱をはたしたい&カレッジ制覇のため、それまで以上に気合の入るイーグルス陣。
 イーグルス先発は小西。前日の裏JAPAN戦を回避できたことで、心身ともに万全の状態で試合に臨んでいた。初回、2回と二塁打を打たれるも、後続を難なく打ち取り完璧な滑り出しを見せる。一方イーグルスは、回をまたいで4連続三振を取られるなど、相手投手を攻略できない。投手戦の様相見せ始めた3回裏。瀬古・小林の連続ヒットと石貫の犠打で1死2,3塁とし、この試合初めてチャンスをつかむ。しかしこのチャンスも、相手守備陣に阻まれあと1本が出ない。
 このまま5回が終わり0−0。決着は延長、1イニング限定のカレッジ特別ルール、2死満塁から打者4番のタイブレークへ。3回以降1人もランナーを許さない小西は、ここでも相手4番を三振に取る。後攻イーグルスの4番は、もちろん鈴木。チャンスを活かせなかった前2打席の鬱憤を晴らすように、1ボールからのカウントを取りにくる2球目を左中間に打ち返しサヨナラ勝ち。見事決勝進出を決めた。
 MVPは、無四球・8奪三振と完璧なピッチングで魅せた小西と、やはり最後はここに頼るしかない4番鈴木。全てのチャンスが鈴木に回というイーグルス理想の流れは、最後までつけいるスキを与えなかった小西が生んだ産物だったといえる。

inserted by FC2 system