1  2  3  
Black Beers  0    0  0
EAGLES      7X  8

Black Beers
 2006.3.16 in 二見町営G

 日付が変わり、行われたカレッジリーグ2回戦。この日はあいにくの雨模様で、少し肌寒い1日になった。相手は同じBKCのBlack Beers。「じゃあ青山で」と言う声があちこちから聞こえる中、試合が始まった。
 先発の浅野は初回、ヒットと四球で1死1,2塁のピンチをむかえるが、内野フライ2つに打ち取りまずますの立ち上がりを見せる。するとその裏、2死2,3塁から5番永井がサードゴロを放つ。これを相手サードがエラーし、意外な形で先制する。
 そして3回裏。雨の影響からか、相手投手の制球が定まらず四死球を連発し、4四死球1安打でイーグルスが2点を加える。ここで試合を一気に決めたいイーグルス。1死満塁からバッターは、不断の努力で頑張ると公言した河田。カウント2−3からの7球目をひっぱり、なんとポールに当てる満塁弾を放ち7−0とする。そこで切れることのない今年の打線は、2死2塁から石貫が2塁打を放ち見事コールド勝ち。雨で守りにくいながらもエラーはなく、先発・浅野も2四球の好投。いい練習になるとともに、雨の中でも普段通りの野球ができることを証明した。
 MVPは、ダメ押しとなる満塁弾を打った河田。彼曰く、「素振りは間違いない」らしい。この後、裏JAPANがキャッツアイに勝利したため、イーグルスは上位トーナメント進出を決めた。
inserted by FC2 system