Invincible
 2006.10.15 in 福祉センターG

 1  2  3    5  6  7  
EAGLES     0    0  0  0  0  1
Invincible   0    4  0    X  5

 初戦ダイナマイツとの接戦をものにし、ユニブに向けて波に乗りたいイーグルス。BKCトーナメント2回戦の相手は強豪Invincible。各チームの4回生により結成されたこの最強チーム!!2回戦が大きな壁となった。以前に1度練習試合を組んでいるものの、明らかな力の差で大敗。あれから差は埋まったのか、それとも広がってしまったのか・・・イーグルスは全員が挑戦者の気持ちでこの試合に臨んだ。
 1回、先行は前回と同じイーグルスだったが、相手ピッチャーの手元で変化する球に的を絞れず3者凡退で終わる。
その裏の
Invincibleの攻撃。イーグルスの先発は草津カップ2回戦以来マウンドから遠ざかっていた大橋。今年は全く球が走らず、これまで本人も納得のいかない投球が続いていた。まずは初球・・・乾いたミットの音が福祉センターに鳴り響く。インコース真っ直ぐのストレート。今年、1番の球であることに間違いなかった。内安打で1人ランナーを出すもののこちらも最高のたちあがりだった。
 2回表、そんな大橋の気迫の投球に答えたい打線は1アウト後、5番永井が四球を選ぶ。2アウト後、7番瀬古の当たりはファーストのエラーを誘い2アウトながらチャンスを作る。そしてバッターは1回戦のヒーロー河田。ノっている男はやはり違う。初球をひっぱり、強い打球が相手セカンドを襲う。これがセカンド強襲の内安打となり待望の先制点がイーグルスに入る。
 しかし、ここで後一押しできなかったイーグルス、結果的にチャンスはこの回だけとなってしまう。2回裏の
Invincibleの攻撃。1アウト後、6番に甘く入ったカーブをレフトスタンドに運ばれ同点とされてしまう。続く3回には3本のヒットにフィルダ−チョイスなども重なり一挙に4点を奪われてしまう。その後浅野がマウンドに上がり、力投を見せるが相手投手のテンポいい投球と、膝下にしか投げないコントロールにまったく攻撃の糸口すら見つけられずに1−5の完敗。BKCトーナメントは2回戦で姿を消すことになった。
 しかし、以前の試合と比べると点差は格段に縮まり、また大きな課題も見つかったことから、かなり意味のある試合だったといえる。


                         記事・小西 繁樹

inserted by FC2 system