DYNAMITES
 2006.10.8 in 福祉センターG

 1  2  3    5  6   ジャンケン
EAGLES  0    0  0  2  3
DYNAMITES  1    2  0    3

 ピッチャー大橋によるノーヒットノーランにも関わらずじゃんけん負けという悔しさを味わってから、8760時間・・・今年もBKCナンバーワンを決めるBKCトーナメントが開幕。今年の初戦の相手はカレッジで戦ったダイナマイツ。ダイナマイツは今年も土曜リーグを制しており、昨年の雪辱を晴らすための相手としては申し分ない相手。
 風が強く秋の足音が聞こえ始めてきた福祉センターでの初戦。イーグルスが先行で試合はスタート。初回、まずは先頭小林がユニブのカメラ写りを明らかに意識した、両手を孔雀のように広げる構えで相手エースの動揺を誘いさっそく四球を選ぶ。2番石貫がきっちり送りバントを決めるが、後続が断たれて無得点。
 その裏のダイナマイツの攻撃。今日の先発は浅野。風が冷たく、体の切れ、球の切れがいまひとつ(なぜか、腰の切れは良さそうだったが・・・)先頭に四球を与えてしまい、盗塁とパスボールでランナーを進められ、3番のレフトへの2ベースで1点を失う。
 2回は両チーム共に投手が踏ん張り0点に抑えるが、3回に先頭バッターにセンター前に弾き返され、またもや3番に今度はレフトスタンドに2ランを打たれてしまい、ここで浅野はマウンドを降りることになってしまう。その後マウンドに上がった小西は四球とヒットでピンチを招くが、この回を何とか抑え味方の反撃を待つ。
 5回表のイーグルスの攻撃、点差は0−3。さらにBKCトーナメントは時間が限られており、1点でも取りたいイーグルス。この回の先頭は本田、2球目をジャストミート!!「いったか!?」しかし、今日はかなりの風、再三この風に打球が戻され、イーグルスはチャンスを作れずにいる。また本田の打球が風で戻されてくる・・・またか・・・だが、そこはさすが本田!戻されてもフェンス直撃の2ベース。反撃の開始。だが後が続かない・・後続が次々に討ち取られ2アウト。バッターは浅野に代わり途中出場の河田淳(20歳)。2球目を思い切り引っ張る!!打球は1直線にライトスタンドへ。ベースを回る彼の後姿が語っていた。この試合勝つぞと。しかし、それをあざ笑うかのように時間は無常にも迫っていた。
 6回が最終回となる。なんとしても追いつかねばならないイーグルスは3番から。しかし、ショートゴロに打ち取られ1アウト。バッターは4番鈴木。点差は1点。皆の期待を背に受け4番は右バッターボックスに入る。ワンストライクからの2球目だった。打った!!しかし、今日のレフト方向は風が・・・と考える必要など無し。完璧に捉えた打球はレフトのはるか上空を越えるホームラン。同点。これが今年のイーグルス!4番の一振りで試合を振り出しに戻す。
 そして、その後は両チーム無得点に終わり、運命のジャンケン・・・圧勝。今日のMVPはもちろん、河田、鈴木。イケメン2人が最高の役割を演じ1回戦突破。

                            記事・小西 繁樹

inserted by FC2 system